200000HIT突破!

グルグルだ乱★、ついにアクセス200000HIT突破です!(2002年10月12日~)
みなさん、ありがとうございます(感涙)
ついでにこのブログも、最近アクセスがのびていて、まだ半年くらいしかたっていないのに、1年半前に立ち上げたPrivateRoomよりも先に10000HITに到達しそうです。いや、更新頻度からすると当然の結果ですが。

落楽リンクさんにてこのたび、「ブログ」のカテゴリが増設されたので、早速登録してきました。RSSでで記事が追加されたかどうかわかるのが便利ですからね。ブログをもっている方は是非。
# by gru-ran | 2005-05-08 21:50 | グルグルだ乱★ | Trackback | Comments(2)


もうね。ダンブルドア校長先生のわがままで自分勝手でいいかげんで迷惑なじいさんっぷりが炸裂ですね。まぁ、ハリ・乱ではギャグとして描きましたが、ハリポタのこの場面(成績発表の場になってグリフィンドールに大量の点数を与えて、結果グリフィンドールが優勝する)も他の寮生にとっては相当わがままで自分勝手でいいかげんで迷惑ですよね。むしろ、あれはえこひいきか・・?
は組も総出演です。は組は一人描くと11人全員を描きたくなります。大変ですが、描いてて楽しいです。
# by gru-ran | 2005-04-30 10:59 | ハリー・乱太ー | Trackback | Comments(0)

綾部喜八郎

昨日の話ですが。
果たして登場するかどうかが懸念されていた喜八郎が登場しましたね。そっか、こんな声か。こんな髪の色か。でも、他の4年生とぱっと見で区別つけるために、この色は仕方ないか。

喜八郎はなんか私的に特殊なキャラなんです。私はあまりキャラについて「普段はこんなんだろうな」と想像することはないのですが、彼だけは別なんですね。なぜか。
ちなみに私の中では、滝夜叉丸や三木ヱ門が自己主張バリバリなのを尻目に、飄々と涼しい顔をしていて、それでいて成績の方はそつなく優秀というイメージです。

b0043699_22175972.gif←昔描いた落書き。
# by gru-ran | 2005-04-23 22:19 | 忍たま・落乱情報 | Trackback | Comments(0)


ダンブルドア先生が言うような活躍を一体いつ三人がしたのか。
まず、ハーマイオニーですが、ちゃんと冷静に「悪魔の罠」の弱点を思い出し、頭部(目)を使ってロンを助けています。
次にロン。まぎれもなく、こんなチェスの試合は近年まれに見るものであると断言できます。
そして、ハリー。ヴォルデモートのどアップを前にして平静でいたり、ナメクジカエルをずっと身に付けていたりした勇気は確かに卓越したものですね。
そんなわけで是非とも三人に惜しみない拍手をお願いします。パチパチパチ
# by gru-ran | 2005-04-20 20:38 | ハリー・乱太ー | Trackback | Comments(0)

4月8日のブログ記事でちょっと書いた、その昔朝小で連載されていた「ドンと舞」という作品ですが、調べてみたらいろいろと分かりました。
作者は、せりふみこ(瀬利文子)さん。実は1991年にリーブルという出版社から単行本化されていました。既に絶版になっておりましたが。取り寄せも不可能らしいです・・・
で、今日の今日まで知らなかったのですが、この方はあの「スプーンおばさん」の漫画版を描かれていた方です。

もし、興味をもたれた方がいたら、復刊ドットコムに投票していただけたらうれしいです。

::::追記::::
なんで私がこの作品にこだわっているのかなーと考えてみたら、私がマンガを描きはじめたきっかけとなったのがこれだったことを思い出しました。
小学生のころ、この作品をパクって参考にして野球マンガを描いたのが最初でした。
# by gru-ran | 2005-04-16 16:17 | 漫画・アニメ・映画 | Trackback | Comments(0)