孔明・・・

この前ここで書いた人形劇三国志のフィギュア、最初は順調に集めていて、残るは諸葛亮孔明だけになりました。でも、このごろ扱っている店が少なくなってきたので、大人買いしてコンビニにあった5個買い占めました。
なぜそのうち3つが趙雲子龍なんですか!というか、彼はこれで5体目ですが。
ちなみに玄徳は3体、張飛は2体集まりました。

先日ここで「落・乱」カレンダーを3年連続同じ方から落札したと書きましたが、同じ事をしている方がもうひとりいらっしゃるようです(^^)。そう聞いて、出品者の評価欄を見たらごく近いところに並んでいました。

あ、そうそう。ハリポタ アズカバンのDVD買いました。ハリポタDVD、最初は「ハリ・乱」を描く為に「賢者の石」を買ったのですが、続編がでると惰性で買ってしまいます。
# by gru-ran | 2004-12-18 20:34 | 雑談 | Trackback | Comments(0)

ハリ・乱 罠(3)-3

はい。やはりしんベヱにまともにチェスをさせることは無理でした。
この場面は一体どうすればいいか困っていて、何度もハリポタを観ていたら、ナイトの駒に乗ったロンをしんベヱに変換したら、1巻のあの場面に見えてきたもので。
今気がついたのですが、ここ3ページ(ハリ・乱 罠(3))はロンが、その前の3ページ(ハリ・乱 罠(2))はハーマイオニーがそれぞれ目立っていますね。ハリーの活躍はこれからです。

さて、次回ですが
1月1日に初笑いスペシャルとしまして2ページ同時にアップします
今回の企画はハリポタの原作を読んでいる方には楽しんでいただけるのではないかと思います。もちろん、未読の方にも楽しんでもらえるような話にします。
ここまで書くと、どの場面か分かる方には分かりますよね。ちょうど話もその部分ですし。

# by gru-ran | 2004-12-15 23:56 | ハリー・乱太ー | Trackback | Comments(0)

三年目

「落・乱」2005年カレンダー、ようやく落札しました。多分もう少し経ったらもっと安く落札できたんでしょうけどね。早く落札しないとなくなるかもという不安と一刻も早く欲しいという想いから入札してしまいました。
オークションで「落・乱」のカレンダーを落札するのは3度目なのですが、なんと3回とも同じ方からの落札です。同じ時期に同じ商品を落札していると、オークションを通してでも仲良くなれるものですねぇ。むしろ、その方が出品者だと分かったから入札したんです。
# by gru-ran | 2004-12-13 22:07 | ネット | Trackback | Comments(0)

ハリ・乱 罠(3)-2

いやー、いよいよチェスの試合の場面です。なにが「いよいよ」なのかというと、一体どうしたものか前々から困っていたシーンです。だってしんベヱに戦略とか頭脳戦とか、これほど似つかわしくない取り合わせも珍しいですよ。
この場面をしんベヱはどう切り抜けるのか。それは次回のお楽しみです。ちなみに、チェスの駒は30巻に1コマだけ出てきたオシロイシメジの軍勢(学園長の想像)です。

# by gru-ran | 2004-12-08 22:42 | ハリー・乱太ー | Trackback | Comments(0)

ハウルの動く城、土曜日に映画を見て、今日原作本を買ってきました。映画面白かったです!ネタバレは控えますが、これぞジブリ作品!という印象でした。う~ん、ハウルがかっこよかった~。

私はマンガやアニメをあまり幅広く見なくて、狭く深く追求するタイプです。容易に想像できるとは思いますが。世の中にはまだ見たことが無い傑作がたくさんあるだろうと思います。先日友人が貸してくれた「プリンセスチュチュ」というアニメも面白かったです。
作品に出会えるかどうかというのもめぐり合わせだと考えます。世の中にある全ての作品を読むことはまず無理なので、読む機会を持てるということ自体が、おおげさに言えば運命です。たまたま観た予告が面白そうだったとか、たまたま知り合いに勧められたとか、たまたまお目当ての作品が載っている雑誌に掲載されていたとか、たまたま暇をもてあましていたとか、そういうちょっとしたきっかけから自分のお気に入りや趣味や人格って形成されていくんですよね。
19年前、親が朝小をとっていなくて、「落・乱」に出会っていなかったとしたら私は今頃どんな人間になっていたんでしょうか。想像すらつきません。
# by gru-ran | 2004-12-07 22:15 | 漫画・アニメ・映画 | Trackback | Comments(0)